全商品送料無料

Journal

2021.11.01

手越祐也 衣装製作

手越君が本格的に音楽活動をスタートする事に! その記念すべき第一段の衣装の製作をさせて頂きました。世界的なヒットゲーム「荒野行動」のプロモーションビデオの衣装です。ゲームの世界観、曲のイメージを元にサイバーパンク&ミリタリーなイメージでデザインを進めました。ボンテージデザインのカーキのジャンプスーツ、赤いリボンタイのカットソー、リリックやニコちゃんを散りばめたポップなライダースです。手越君にも気に入って貰い、ライブツアーの衣装にも使用する事になりました。全14曲中10曲をうちの衣装で歌うと聴いて重大な責任を感じました。スタッフと連日深夜まで作業をし、多数のスワロフスキーを1個づつ手付けし、ゴージャスなステージ衣装に仕上げました。スタジオでの最終リハに立ち合いをしました。最後の曲の衣装が決まっていなかったのと、ジャンプスーツなので衣装に付けるインカムの配線などに問題もあった為です。当日スタジオに現れた手越君はいつもの和かな表情は微塵も無く、スタジオ内は緊迫した空気に包まれました。その中で衣装に身を包みリハーサルを続けながら、照明係、音響スタッフへの指示、映像スタッフへのアイデア出し、ダンサーたちへのアドバイスを次々に繰り出し、時にはスタッフを鼓舞し、時には厳しい指摘をしてゆく手越君を眺めていて、ふとマイケルジャクソンの「this is it」のワンシーンを思い出しました。素晴らしいエンターテイメントの舞台はこうして出来上がって行くのだと。果たしてライブ当日、ZEPP hanedaのステージは素晴らしいの一言に尽きました。彼のエンターテイナーとしての素晴らしさ、シンガーとしての実力に会場は圧倒されていました。
2021.11.01

呪術廻戦×MAPPA×MIKIOSUZUKIコラボレーション

MAPPAさんから最初に声が掛かったのは2年以上前になります。その時僕達はONEMADEでPROJECT TOKYOという合同展に出展していました。そこにMAPPAの木村誠さんというプロデューサーが来ていて、うちのブースを見てくれたそうです。MAPPAはアニメ業界ではとても有名な会社で、今大人気の「呪術廻戦」「進撃の巨人」「ゾンビランド サガ」などを手掛ける日本最大のアニメ製作会社です。後日プロジェクトの事務局から連絡があり、コラボレーションの案件で木村さんとお会いすることになりました。木村さんは若いのに知的でおっとり話される、とても好感が持てる方でした。その時のアニメのタイトルは「ドロヘドロ 」でした。僕は元々漫画、アニメが大好きだったのでとても嬉しい話だと思いました。「ドロヘドロ 」の原作を全巻送って頂き、何度も読み返しました。その後アニメの原画が送られてきてデザインを始めました。「ドロヘドロ」 のアニメはクオリティが高く大好評でした。しかし残念ながら原作の作家さん(編集者かも)と意見が合わず、僕のデザインは日の目を見ることはありませんでした。それから1年ほど経った一昨年の年末に木村さんから連絡があり、再びお会いする事になりました。その時の案件が「呪術廻戦」とのコラボでした。まだ「呪術廻戦」が一般的にはそれほど話題になる前でしたがアニメファンの中では大変な話題になっていました。木村さんは前回のコラボが上手く行かなかったことをとても残念に思っていて、「呪術廻戦」のコラボで是非リベンジしたいと仰っていました。またサブカルである日本のアニメが世界的なカルチャーになって来た今、アニメグッズの枠を超えたクオリティとでザイン性の高いアイテムを僕と創り出したい、と熱く語って頂きました。出来上がったアイテムは今年の初夏から国内外で販売をスタートしました。これからも僕と木村さんの挑戦(ファッションとアニメとの融合)は暫く続いて行きそうです。新たなタイトルとのプロジェクトもスタートしています。乞うご期待下さい。